本文へ移動

未経験で介護のお仕事を始めたい方へ

社会福祉法人東城有栖会では、未経験の方からの介護職へのご応募もお待ちしております。
 
もし未経験の場合でも、介護の仕事を始めることは可能です。
 
介護職の基礎知識や、介護職でステップアップをしていく方法などを以下でご紹介しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

介護職は未経験からキャリアアップできるお仕事です

介護の現場で働いているすべての人が、介護にまつわる知識や経験を持っているというわけではありません。
実は、介護の現場で活躍している人のなかには転職者も多く、前職ではまったく異なる職種に携わっていた人もたくさんいらっしゃいます。
 
介護職で働く場合は、「一定以上のコミュニケーション能力がある」や「責任感が強い」などの事柄が重視されるため、当社でも採用に関しては個人の人柄を重要なポイントにしています。
 
また、介護職を志す理由は人それぞれです。たとえば、「人から感謝される仕事がしたい」や「知識があると親の介護にも役立つ」、「求人数が多い」などの理由から介護職を始めた方もいます。
 
未経験の人が介護職にチャレンジした場合でも、資格取得による給与アップやキャリアアップが可能です。
 
仕事の幅を増やしてステップアップしていくためにも、将来的には資格取得を目指すなどのキャリアプランを持っておくと良いでしょう。

未経験者はまずは施設の介護職員から

未経験の人が介護の現場で仕事をする場合、まずはデイサービスやデイケア、特別養護老人ホームなどの施設の介護職員から始めてみてください。
 
介護の現場で働いている人に関しては、「すべての人が有資格者なのではないか」というイメージが持たれがちです。しかし、実際の現場では無資格者や介護業務自体が未経験である人も少なくありません。
 
日本は高齢化社会であるため、介護に携わる人材を確保するのは急務であるという背景があります。そのため、介護職は無資格者でも始めることが可能です。
 
加えて、介護職員が行う仕事は、利用者の日常的な生活の手伝いが主です。ゆえに、資格を持っているかどうかということ以上に、利用者との信頼関係やコミュニケーション能力が重視されています。

初任者研修・実務者研修でステップアップ

介護職は無資格者でも始めることができます。
 
しかし、仕事の幅を広げるためには、資格を取得して専門の知識や技術を学んでいくと良いでしょう。
 
具体的には、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」や「実務者研修(旧ホームヘルパー1級)」などの資格を取得して、キャリアアップをしていくと、介護の現場で適切な処置を行うのに役立ちます。
 
まず、介護職員初任者研修では、介護の基本を学ぶことができます。
 
介護職員初任者研に関しては受講するための特別な受験資格が必要ないため、未経験者でも資格取得が可能です。

介護福祉士(ケアワーカー)

介護福祉士は、数多くある介護の資格のなかでも唯一の国家資格です。
 
介護職が未経験の人の場合でも、意欲があり、経験を積んでいくことによって、介護福祉士へとキャリアアップすることは十分に可能です。
未経験者が介護福祉士を目指すためには、介護現場で働きながら必要な実務経験を積んで受験するのがよいでしょう。
 
ほかには、大学や専門学校など、指定された養成施設を卒業したうえで、介護福祉士の試験を受験するという方法もあります。
 
介護福祉士になるためにはいくつかのルートがあるため、自分の状況やキャリアプランに合ったルートでの資格取得を目指しましょう。

ケアマネジャー

介護福祉士の資格を取得した後、さらに仕事の幅を広げてみたい人はケアマネジャーの資格取得を目指してみましょう。
 
ケアマネジャーは「介護支援専門員」とも呼ばれています。
ケアマネジャーになると、要介護認定やケアプランの作成ができるようになることから、現場で携わることができる仕事の範囲がぐっと広がるという点が大きなメリットです。
 
ケアマネジャーの資格は、介護福祉士の資格のほかに、看護師や社会福祉士、栄養士などの資格を保有しており、その資格にかかわる実務に通算5年以上かつ900日以上働いていることで受験資格が得られます。
 
ただ、ケアマネジャーは国家資格ではないものの、介護にまつわる資格のなかでは難関資格のひとつといわれています。
そのため、ケアマネジャーの資格取得を考えているなら、テキストや過去問を使って勉強をしたり、スクールに通ったりするなどの試験対策が必要です。
 
社会福祉法人東城有栖会でも、資格取得についてはサポートいたします。

サービス提供責任者

サービス提供責任者に関しては資格の名称ではなく、介護施設などにおける役職や業務上のポジションの呼び名として使われています。
 
ただ、指定訪問介護事業所では、利用者が40人以上になるとサービス提供責任者を1人以上配置しなければならないと義務付けられています。
 
サービス提供責任者は、介護現場でコーディネーター業務を行う重要なポジションであり、ヘルパーへの指導をしたり、利用者家族とのコミュニケーションをとったりすることが主な業務です。
 
介護福祉士資格を所持したあとで、さらに仕事の幅を広げたいなら、サービス提供責任者として活躍するという選択肢もあります。

未経験でも大丈夫!介護職にチャレンジしてみよう

介護職が未経験の場合でも現場で仕事をすることは可能です。ただ、仕事の幅を広げるなら介護職員初任者研修や実務者研修など、資格を取得する必要があります。
 
社会福祉法人東城有栖会では、みなさまの資格取得をサポートするのと同時に、一部の資格の有資格者に対しては毎月の基本給に加えて資格手当を支給しています。
 
「お世話をするのが好き」や「親の介護に役立てたい」など意欲があるなら、介護職にチャレンジしましょう。
 
未経験の方も歓迎なので、ぜひ一度ご応募ください。
採用に関する情報、お問い合わせはこちらからご覧ください
2021年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
社会福祉法人東城有栖会
〒729-5125
広島県庄原市東城町川西947-2
TEL.08477-2-2215
FAX.08477-2-5758
1.高齢者福祉事業
2.保育・児童福祉事業
3.障がい者福祉事業
4.地域福祉事業
5.その他
TOPへ戻る