本文へ移動

ホームからの報告 ~新しい時代を生きる~ (東寿園ブログ)

子どもの頃

2024-02-16
★養護老人ホーム発★
『子どもの頃』

養護老人ホームでは毎朝、地域交流スペースで朝の集いを開いています。
朝食終わりに集まられ、般若心経を唱えたり一日の予定を確認したり、体操や歌で元気にスタートします。
午後からの体操に集まられた際に「今月の歌は?」と、みなさんに聞くと「春よ来いじゃったかな。」とのこと。
♪春よ来い早く来い~みんなで歌いながら体操をしました。よく知っている歌でもあり、朝の集いで歌っている歌でもあり、みなさんいい声が出ています。
ところで、『春よ来い』には♪歩き始めたみいちゃんが~という歌詞が出てきます。筆者は子どもの頃、みんなから『みいちゃん』と呼ばれていました。理由は自分で自分のことを「みいちゃん」と呼んでいたからとのこと。みなさんは子どもの頃、なんと呼ばれていたのでしょう?
ゆきちゃん、ふみちゃん、りょうちゃん、ひでちゃん…など、ほとんどの人が名前から由来するもの。そんな中、少し違ったのは
■ちんちゃん
理由はチンドン屋のようににぎやかだったからだそう。嫌じゃなかったのかと尋ねると笑われた後、当時、先生からよく頼まれてガリ版印刷をしていたとの思い出話をしてくださいました。
■私、覚えてないわぁ。なんて呼ばれとったかなぁ
なぜかと尋ねてみると「なんでかなぁ。いつも下の兄弟の子守りが仕事だったからかなぁ。嫌とか言う間もなく背中へおんぶ紐で背負わされていたんよね。妹が背が高くて私が小さいから、段とかあると足が引っかかったりね(苦笑)。嫌でも上の子が下の子を見る、家の仕事を手伝う、私らの時代は子どもの数も多かったからそういうのが当たり前だったんよねぇ。」とのこと。
そんな思い出話をしたり聴いたりしながら、みなさん「そうそう。」と、子どもの頃に思いを馳せられたのでした。苦労、苦労の日々も笑顔で話されるみなさんは素敵だなぁと思いました。
2024年4月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
社会福祉法人東城有栖会
〒729-5125
広島県庄原市東城町川西947-2
TEL.08477-2-2215
FAX.08477-2-5758
1.高齢者福祉事業
2.保育・児童福祉事業
3.障がい者福祉事業
4.地域福祉事業
5.その他
TOPへ戻る