本文へ移動

ホームからの報告 ~新しい時代を生きる~ (東寿園ブログ)

慣れた手つきで

2024-06-10
★ケアハウス発★
『慣れた手つきで』

今年も柏餅作りの季節がやって来ました。
柏餅の季節とは端午の節句を思い浮かべますが、それから一ヶ月後の今頃が、ちょうど柏餅を包む葉の使い頃でしょうか。
「柏の葉言うてもこれはサルトリイバラの葉、赤い実ができてお花なんかにも使われるんよね。」とお花に詳しい方が話される葉っぱです。
葉っぱも含めて材料は職員が準備、あんこも職員の手作り、そこから先の作り手はケアハウスのみなさんです。

◆去年もしたけどまた今年もできました。
◆今年は職員さんがあんこも丸めてくれとっちゃったから私らは包むだけ。上手にできましたよ。
◆昔はお母さんらは田んぼへ出とったから子どもが包んで蒸してしとったんよ。ちょっと覗いて葉の色が変わったけぇええぞ言うても後から食べよう思うたら中が蒸せとらんいうて失敗したこともありました。そんな懐かしいことも思い出しましたよ。
◆手が不自由だから作る方は失礼させてもらったのに、よばれる方はよばれました。とっても美味しかったです。
◆2個は食べてもいいよ言うことだったから美味しくいただきました。
◆やっぱり年を取ったかなぁ。作りだち(作りたて)は美味しそうだから2つ食べたらちょっと食べすぎだったみたい(苦笑)。若い頃は作っては食べ、作っては食べしょうたのになぁ。
◆売っとるのより好みの甘さ加減で美味しかった。
◆毎日変わったことはない言うようなが、出来たての柏餅をよばれてええ変わったことじゃった(笑)。
◆職員さんが団子をこねるのに袋の中へ入れてしようてのを見て「はあはあ、ああすれば手にもつかんし、しっかりこねられるわ。」とええ勉強になりました。勉強してもこれから自分が作るいうことはないんじゃがね(笑)。

みなさん昔は家でよく作られていたよう。
ケアハウスでも毎年この時期にみなさん一緒に作っていますが、昨年された方も1年ぶり、昨年されていない方はさらに何年かぶりとのこと。それでもどなたの手つきもみなさん慣れたもの。
「包みにくいなぁ。」「ちょっと葉っぱが若い?」など言われながらもチョチョイのチョイっと出来上がりました。
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
社会福祉法人東城有栖会
〒729-5125
広島県庄原市東城町川西947-2
TEL.08477-2-2215
FAX.08477-2-5758
1.高齢者福祉事業
2.保育・児童福祉事業
3.障がい者福祉事業
4.地域福祉事業
5.その他
TOPへ戻る